良い車買取を希望できるベストタイミング

新しい車を購入することになった、もしくは資金繰りに困ったことで財産を売るために車買取を選択することもあるでしょう。ただし高い査定額が付くタイミングがあります。それを理解して売る方が、評価を得やすくなります。

高価査定を受けるには3つのタイミングがある

高い評価を貰う時期として、3つのタイミングがあります。それはモデルチェンジの前に売ること、12月前に行動すること、そして車検切れギリギリまで待って売ることになります。そうすることで高くなる可能性がありますので、この3つのタイミングを頭の中に入れておくようにしましょう。

車買取を希望するときは、新しい車の購入のための資金であったりと、いろいろな事情がありますが、この3つのタイミングを駆使することによって、高い評価を貰える可能性があります。資金繰りに困っている場合以外で時間に余裕がある場合は、このタイミングを見極めて行動を起こして高価査定を勝ち取りましょう。

詳しい高価買取のための3つのタイミングの解説

車は約2~6年ほどでモデルチェンジを行います。マイナーチェンジをすることもありますが、特に気を付けてほしいのが大きなデザイン変更となるモデルチェンジです。大きな査定減額に繋がります。なかなか判断をするのが難しいですが、5年ほど経過すると起こりやすいと言われています。

年式が1年加算されるのが1月になりますので、だからこそ12月に売る方が良いとされています。年式や走行距離は本査定の評価に直接的に繋がりますので、12月を過ぎる前に売りましょう。また車検を通した方が高く売れると、一般的には考える人が多いですが、そうではありません。依頼する側の負担が増えるだけであり、売りたい場合は車検が切れていても構いません。

車買取の基本は早ければそれだけ評価に繋がる

3つのタイミングは頭の片隅に入れておくべき情報となりますが、ただ基本は忘れてはいけません。どんなにタイミングがあったとしても、年式が経過していなかったり、走行距離が短い車は高評価を受けるのが特徴です。よって早い段階で売るのが一番正しいタイミングとなります。

そうみると売りたいときに売るのが良い方法になりますので、一応3つのタイミングを取り入れながら、行動に移すと良いでしょう。売るタイミングもとても重要な判断になりますが、もっと大切になることは査定方法です。

良い評価を貰えるために一括査定を用いて、高い評価を貰える業者を見つけてアポイントを取るようにしてください。