車買取を希望するために揃えるもの

タイミングも高額買取を実現するためには必要な要素となります。そんなときに必須書類が揃わなければ、それだけ売るタイミングを逃すことになるでしょう。

忘れないでください。

日が経過するごとに車の評価額は落ちていきます。だからこそ必要書類の種類を知っておきましょう。

これだけ揃えておけば良い必要書類の種類

まず自動車検証と自賠責保険は必要です。ほとんどの場合、車のダッシュボードのなかなどに入っていますので、それほど探すことに困ることはないでしょう。また自動車納税証明書も必要です。車検を受けるときや売却をするときに必要ですので用意してください。

また印鑑証明書とその実印も必要です。発行から3か月経過しているものは使えませんので、売却をする直前に役所に行って用意をしておきましょう。あとはリサイクル券です。あまり聞きなれない証明書ですが、リサイクル料金を支払った証明書になりますので、準備しておきましょう。また車検証と住所が異なる場合は、住民票の提出も求められることになります。

もし紛失してしまったときの対処法を知っておこう

それらが必要書類となりますが、なにかひとつ欠けていることもあるでしょう。そんなときこそ、車買取のタイミングを逃すことになりますので、再発行を含めた入手方法を知っておきましょう。

車検証は管轄の運輸支局、自賠責は保険会社に再発行してもらうことができます。少し面倒になりますので、この2点は必ず保管し、確認できる場所に置いておきましょう。

常に車の中にいれておくことをおすすめします。また納税証明書や印鑑証明書とその実印登録は役所に依頼しましょう。リサイクル券はほとんどの場合紛失してもあまり問題がないことが多いです。どうしても必要になる場合は、自動車リサイクル料金の預託状況で検索してそれを印刷すると良いです。

ほとんどの場合車買取業者が説明してくれる

本来であれば、車買取を行う場合、業者の方が必要書類を説明してくれます。ただしそうすると、先程申したように日が経過するごとに価格は落ちていきますので、それだけ時間が掛かれば良い評価を失い、売るタイミングを逃すことになってしまいます。そうなる前に一括査定などを行い、本査定に臨むときに一緒に持ち込むことができるように準備しておくことが大切です。

ちなみに車検証と自賠責保険は査定を受けるときに、必要な情報が記載されていますので、用意してください。この情報があることで、インターネットを活用して一括査定を受けることができます。スムーズな査定を受けるためにも一番必須な書類と言えるでしょう。